关于中日两国的色彩语


  中日両国の色彩語について―赤、青、白、黒の四色を中心に_日语论文

  摘要

  颜色词是人们感知世界的一种表达方式。汉语和日语都涵盖了丰富的颜色词汇,有着诸多共同点。随着两国历史更迭与文化变迁的不同,中日两国对于颜色词的认知与理解存在着一定程度的差异。本文选择“赤”、“青”、“白”、

  “黑”四色为中心,分为“四色的认知意义”、“四色表示颜色的词义”、“四色的衍生意义”、“中日颜色词的比较”四个部分来研究中日两国的颜色词文化。第一章节主要论述对四种颜色的认知,第二部分将对四色只表示颜色的意思进行说明,第三部分则是对四色其他的衍生意义进行详细分析,第四部分则是总结前文的分析,对比中日两国语言中颜色词的不同。研究的结论是,当只指代颜色时, 中日两国在颜色词的运用上基本一致,但颜色词的衍生意义及其应用还是存在较多差异。

  关键词:颜色词;文化差异;衍生意义

  要旨

  色彩は世界を描く表現の一つである。中日両語には豊かな色彩語を含め、いろいろな共通点がある。しかし、両国の歴史と文化が異なるため、色彩語に対する認識と理解に差異も垣間見ることができる。本稿では、中日両国における

  「赤」、「青」、「白」、「黒」について、それぞれ本来の意味、派生した意味を検討する。分析方法として、「四色の認知」、「四色色相の意味」、「四色の派生義」、「中日色彩語の比較」の四種類に分類した。第一部分は四色の構成とバリエーションであり、第二、三部分は四色色相を表す場合、派生した意味を表す場合どんな意味を伝え、第四部分は中日両国語色彩語差異のまとめである。その結果、色相の意味を表す場合、中日両国の慣用表現における差異があまりなく、派生義を表す場合は大きな差異がある。それは両国の文化背景に基づき、それぞれの言語表現に異なる意味を有することが指摘できる。

  キーワード:色彩語 文化差異 派生義

下一篇:没有了